「この接続ではプライバシーが保護されません」NET::ERR_CERT_DATE_INVALIDの解決方法(ConoHa WINGの場合)

雑記

先日、当ブログにアクセスすると「この接続ではプライバシーが保護されません」NET::ERR_CERT_DATE_INVALIDと表示されブログが表示されない状態になりました。

いろいろ調べてみて結局は簡単な方法で解決したので今後のために残しておきます。

なお、筆者はConoHa WINGでレンタルサーバーを借りています。

NET::ERR_CERT_DATE_INVALID とは

NET::ERR_CERT_DATE_INVALID をネットで調べると、SSL証明書が更新されていない状態のエラーコードでした。

ConoHa WINGのSSL証明書の更新

次に「ConoHA SSL証明書」と検索すると、ConoHa WING「ご利用ガイド無料独自SSLの更新について」というページが引っ掛かり、中身を確認すると

  • 無料独自SSLは有効期間(90日)満了前に自動で更新を行う
  • お客様によるお手続きや作業等は必要ない
  • 無料独自SSLの有効期限が切れてしまった場合、一度無料独自SSLの設定をOFFにして、再度ONにすることでSSL証明書の再発行が可能となる

ということで、ConoHa WING「無料独自SSL設定方法」を参考に、SSL設定を一度OFFにして、その後ONにすることで 「この接続ではプライバシーが保護されません」 という状態がなおりました。

なお、SSL設定のON→OFF→ONはそれぞれ数十分程度切替に時間がかかりますので、一旦切り替わるまで気長に待つ必要があります。

ちなみに、筆者がConoHaのサービスを使い始めたのが、ちょうど90日前でしたので何らかの原因でSSLの自動更新がされなかった模様です。

以上です。

コメント