上昇中の株を買う時は出来高の確認を忘れずに!

投資手法

「上昇中の株を買う時は出来高の確認を忘れずに!」というタイトル。自分が出来高の確認をせずに高値掴みをして失敗してしまったので忘れないようにブログにしました。

DRVN(ドリブン・ブランズ)の高値掴み

ずっとマークしていたDRVN(ドリブン・ブランズ)の決算内容が良かったので、決算発表後にこれは買うぞと意気込んでいたら寄付きから案の定株価がどんどん上昇。冷静になろうと10分ほど見ていてもまだまだ上がる。前日比+8%を超え、もう乗っとかないとと買ったらそれがほぼ天井でした。。(黒矢印のところで買いました)

買った初日から-8%くらいの含み損になって凹む。

ZI(ズーム・インフォ)は出来高を確認して購入

3日前の決算後にギャップをあけて上昇するも、寄付きより下げて引けたZI(ズーム・インフォ)、2日前は寄付きから出来高を伴い株価も上昇。寄付きすぐの時点で出来高の50日平均線は簡単に超えるペースだったので、単純に強い買いが集まっていると考え、赤ラインの上値抵抗線をブレイクしたところで購入。その後無事上昇が続き、3日目(昨日)も大きく上げてくれました。

出来高の重要性を身に染みて感じた

購入タイミングが失敗したDRVN(ドリブン・ブランズ)の時は株価に目がいって出来高が伴っているかは見ていなかった。

一方、ZI(ズーム・インフォ)は出来高が上昇していることに気付いて、株価も上がっているので買う決断をした。

ミネルヴィニ本では出来高が重要とよく書かれているけど、今回の失敗で出来高の重要性を身に染みて感じた。

今後、上値抵抗線などをブレイクして株価が上昇中の銘柄を買う時は必ず出来高も増えているかを見ようと思います!

以上です。

コメント