TradingView(無料版)でレラティブストレングスをすっきりいい感じに表示させる方法

投資手法

マーク・ミネルヴィニの「成長株投資の神」を読んでいて、マークがRS(Relative Strength:レラティブストレングス)の高い銘柄を探す(RS70以上)と言っていたので、レラティブストレングスとは何ぞやと思ってネットで調べました。

レラティブストレングスとは他銘柄や平均株価と比べた相対的な値動きの強さを知るための指標です。

指数などの比較対象と比較し、株価の相対的な強さを調べるものだと理解しました。

なんとなくレラティブストレングスがどういう指標か分かったので、次に自分がチャートを確認するTrading Viewで表示できないか調べました。

TradingView(無料版)でのレラティブストレングスの表示方法

TradingView(無料版)でレラティブストレングスを表示させている先人の方がしっかりおられ、丁寧なブログを発見したので、それを参考に表示できました。

参考にしたブログはこちらの「レラティブストレングス(RS)をチャートで簡単に無料確認する方法」です。ありがとうございました。

レラティブストレングスの表示に気になるところが、、

表示できた!と喜んでいたのですが、ちょっと気になることが出てきました。

  • レラティブストレングスは~100までの値のはずがグラフ右側のメモリがおかしい。
  • レラティブストレングスの値を見えるようにするには、チャートの時間軸を左側に移動しなくてはならず、右側が空いて美しくない。。。

まず一点目はTradingViewでラベルの数値設定を「通常」「パーセント」「100基準」「対数」と切り替えるも、どれもイメージする値にならなかったので諦めました。

次に二点目、「RS Rating:68」と長い文字のラベルのため数値が見えるようにチャートを左側に動かしているので、そのラベルの文字を短くするか上下に表示させて、すっきりさせたいと思いました。

設定をいくら触ってもうまくいかず、どうしたものかと思っていましたが、そもそもスクリプトをコピーしたので、それを修正すればいけそうだと気付きました。

レラティブストレングスのすっきりした表示方法

スクリプト修正前

スクリプト修正後

すっきり美しい!レラティブストレングスの値だけ表示しチャートをほぼ右側いっぱいまで表示できました!

修正方法は、Trading View下部の「Pine エディタ」から23行目のコード「labelText = “RS Rating:”」を「labelText = “”」に変更するだけです。

こういう細かいところに拘りたくなる性格で、どうしても美しく表示したいと苦労しましたが解決してすっきりしました。

下記は現在気になっている銘柄リージョンズ・ファイナンシャル(RF)のチャートです。週明けに買うか考えます。

以上です。

コメント